toggle
2019-05-19

梅仕事の季節がやってきます。梅の量で選ぶ甕の大きさ

こんにちは。
えんける道具店の中村です。

今年も梅仕事の季節がやってきます。

漬物,浅漬け,梅干し,梅干し容器,漬物容器,容器,甕,かめ

甕は梅干しつくりに適している容器だといわれています。

甕は陶器製ならではの厚みもあるため、暑さなどの影響を受けづらく、梅干しつくりに最も適している容器といえます。傷がつきにくく・口が広い・酸や塩に強いことから、純粋な梅干しつくりに、ぴったりな容器です。

梅干しつくりの容器選びは、漬ける梅に対して、2~3倍くらいの容器が使いやすいそうです。(例;梅2キロなら4リットルの容器)

漬け始めは梅の量が多く容器がきつめでも、梅酢が上がってくると梅の容量はだいぶ減ります。また、梅酢が上がってくるまでのあいだ、重石が必要です。そのため、容器はゆとりのある大きさを選ぶのがおすすめです。

梅の量で選ぶ、加藤さんの甕のサイズ

  • 梅 約0.9~1.3キロ:1.5升
  • 梅 約1.2~1.8キロ:2升
  • 梅 約1.8~2.7キロ:3升
  • 梅 約3~4.5キロ:5升

梅の種類や大きさなどにより異なります。目安としてお考え下さい。

梅干しつくりの甕、商品ページのリンクはコチラc

 

昨年、梅干し1キロ漬けてみました

梅干し,梅,梅仕事,甕,かめ,容器

昨年、1キロの梅を2升の甕で漬けてみました。(写真は梅酢が上がったところです)

梅干し,梅,梅仕事,甕,かめ,容器

梅を入れたら、甕の半分ほど埋まりました。

梅干し,梅,梅仕事,甕,かめ,容器

さらに重石を乗せるのですが、大きな2.5キロの重石しかなく、なんとか蓋が閉まった感じでした。使う重石の大きさなども考慮して容器のサイズを選ぶのが良さそうです。甕は口が広いため、重石を乗せやすく、天日干しする際も、梅を取り出しやすかったです。

梅干し,梅,梅仕事,甕,かめ,容器

大きな容器を使うことで空気に触れる箇所が増えることから、カビやすくなることも考えられるので、小さな重石があれば1.5升の甕でも良かったと思います。昨年はカビを防ぐため、甕ごとビニール袋へ入れて梅酢が上がるのを待ちました。

塩壷,塩甕,塩入れ,漬物,浅漬け,梅干し,梅干し容器,漬物容器,容器,甕,かめ

出来上がりの梅は小さな甕へいれて、食卓へ。1合の甕なら梅干し7個ほど入ります。2合の甕なら15個ほど入ります。

沢山の量を漬ける方ですと、5合や8合の甕に入れて保管するのもお勧めです。

関連記事

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA