toggle

加藤さんのつくる「湯たんぽ」その歴史と想い。

加藤さんの湯たんぽ。その歴史。

手作業でものつくりをしておられる加藤さんご夫婦。

加藤さんは、1600年創業の13代続く窯元の職人さんです。
1600年というと江戸時代の初期に当たり、陶器の湯たんぽはそのころから使われていた日本の道具でした。
岐阜県多治見市のこの土地には、最大で70件ほど窯元さんがあったそうです。
戦前・戦後まで湯たんぽを製作していた窯元さんは30件ほどあったそうですが、経済第一主義の量産化の時代に移り変わり、陶器の湯たんぽを製造される窯元さんはみるみる姿をけしていきました。
その時代を経て、現在でも変わらず手作業で陶器の湯たんぽを作られておるのは加藤さんご夫婦のみ。
今でも機械操作に頼らず、一点一点を手作業でつくられており、一度に作れる数量には限りがあります。
一点一点に想いがこめられた、とても貴重な湯たんぽなのです。

今でも変わらないモノづくりが生み出す「輪」

昔と変わらない手作業により今でもものつくりを続けられておられる、加藤さん。
加藤さんは、おっしゃいます。

  • 「モノをとおして、輪を繋げたい」
  • 「モノをとおして、伝えていきたい」

古き良き時代のものづくりが教えてくれる、日本の植物的文化の素晴らしさ。
自然の営みにより文化を育んできた、日本人の知恵の素晴らしさ。
自然に生かされていることに対する、感謝と謙虚さ。

置き去りにされつつある日本の文化や知恵が、このうえなく素晴らしいということ。
自然のめぐみのもたらす「心地よさ」による幸せを感じてほしい。

変わらぬ製法でモノづくりをつづけていくことにより、加藤さんの想いは受け継がれていくのです。

 

  1. 「足が冷える」「冷えて眠れない」などのお悩みの方へ、お勧めしたい湯たんぽ。
  2. 陶器は湯たんぽに最も適している素材なのです。
  3. 加藤さんの湯たんぽ、違いは素材の「土」にあります。
  4. 加藤加藤さんのつくる「湯たんぽ」その歴史と想い。
  5. 湯たんぽの使いかた。
  6. お客様の声