toggle

5,甕の選び方・仕込み量めやす

お漬物やお味噌つくりに最適な陶器製の容器 甕(かめ)

3種類の甕をお取り扱いさせていただいております。

キッチンに合わせやすくシンプルな佇まいの当店オリジナルの甕、焼き物の町常滑で見つけた昔ながらのとこなめ焼の甕、ご夫婦お二人の手作業でつくられる表所豊かな甕。

歴史ある窯元さんのもとで、、ひとつひとつ大切につくられた甕たちです。

 

えんける道具店のかめ

キッチンに馴染んでくれる、シンプルな佇まいの甕

つるりとした表情をもち、どんなキッチンにも合わせやすく、スリムなので場所をとりません。

お味噌の仕込みやぬか漬け容器、米びつ容器に、使い勝手の良いサイズ感の容器です。  

蓋の形が膨らんでいるので、重石がいれやすいのも使いやすさの特長です。

三重県四日市市の窯元「内山製陶」さんに生産していただいた、当店オリジナルの陶器製の容器です

明治中期より、窯火を絶やさず、陶器の製造・販売を続けてこられた内山製陶さん。

高い安全性を確保した製品作りにより、安心して使える陶器を製造しておられる窯元さんです。

独自の技術開発とともに時代に合わせた商品企画をされており、この度当店オリジナルの「えんける道具店の甕」の生産をしていただきました。

昔ながらの甕の良さはそのままに、現代の暮らしに自然と馴染んでくれる、シンプルな表情をもつ甕に仕上下ていただきました。

とこなめ焼のかめ

昔ながらの懐かしい表情を持つとこなめ焼の甕

甕と言えば「常滑焼」と言われるほど、今でも沢山の方に愛されている容器です。

当店扱う甕の中でも一番大きなサイズで、沢山のお味噌や梅干しつくりに重宝します。

特に沢山の量の梅干しやお味噌をつくるのにおすすめです。

今では生産されていない、20年ほど前に作られた、デットストックのとこなめ焼の甕です

かつて甕づくりが盛んだった愛知県常滑市ですが、老舗窯さんの廃業等によって、とこなめ焼の甕を生産している窯元さんを見かけなくなってしまいました。

常滑の町、やきもの散歩道のとある窯元さんとの出会いを通じまして、この「とこなめ甕」とのご縁に恵まれました。

限りある在庫の一点一点を大切に、常滑の伝統とともに、お伝えさせていただきたいと思います。 

 

加藤さんのつくるかめ

お漬物容器,ぬか漬け,梅干し 容器,甕,かめ,壺,つぼ

職人さんご夫婦、お二人の手作業によりつくられる表情豊かな甕

沢山のサイズがあり、食品つくりの量によって大きさをお選びいただけます。

食卓用のお漬け物入れ、キッチンで使う調味料入れに、サイズやお色が豊富です。

岐阜県多治見市で13代続く窯元の職人、加藤さんのつくる甕です

1600年創業の窯元さんで、今でも機械操作に頼らず一点一点を丁寧に手作業でつくられておられます。

一度に作れる数量や、ご用意できる数量には限りがございます。

手作業ならではの個性ある仕上がりが特徴の製品です。

 

サイズの選び方

ぬか床の量で選ぶ 甕のサイズ

ぬか床の量に対して、2~3倍の容量の容器が使いやすいといわれています。

かき混ぜやすいように、ぬかの量より大き目のものを使用します。(ぬか床1kgの場合は2~3リットルの容器)

ぬか床の量:容器の容量 めやす

  • 約500グラム:1~1.5リットル
  • 約700グラム:1.4~2.1リットル
  • 約1キロ:2~3リットル
  • 約1.5キロ:3~4.5リットル
  • 約2キロ:4~6リットル
  • 約3キロ:6~9リットル

ぬか床の量に対して2~3倍の容量で換算をしています。目安としてお考え下さい。

ぬか床の量が、容器の半分くらいから7分目程度にすると混ぜやすいと言われています。

お味噌の出来上がり量で選ぶ 甕のサイズ

漬物,浅漬け,梅干し,梅干し容器,漬物容器,容器,甕,かめ

出来上がりのお味噌の重さに対して、同等以上の容量のサイズをお選びください。(例:出来上がり5キロのお味噌の場合で、5リットル以上の容器)

お味噌の出来上がり量:容器の容量 めやす

  • 約1キロ:1リットル以上
  • 約1.5キロ:1.5リットル以上
  • 約2キロ:2リットル以上
  • 約2.5キロ:2.5リットル以上
  • 約3キロ:3リットル以上
  • 約4キロ:4リットル以上
  • 約5キロ:5リットル以上
  • 約8キロ:8リットル以上

目安としてお考え下さい。

また、重石の大きさや、重石の有無により、容器内のゆとりは変わってきます。

重石を使われる場合や、大きな重しを使われる場合、大きめのサイズをお選びいただくと安心してお使いいただけます。

梅の量で選ぶ 甕のサイズ

梅干し,梅,梅仕事,甕,かめ,容器

漬ける梅に対して、2~3倍くらいの容器が使いやすいです。(例:梅2キロなら4~6リットルの容器)

漬け始めは梅の量が多く容器がきつめでも、梅酢が上がってくると梅の容量はだいぶ減ります。

梅の量:容器の容量 めやす

  • 約1キロ:2~3リットル
  • 約1.5キロ:3~4.5リットル
  • 約2キロ:4~6リットル
  • 約2.5キロ:5~7.5リットル
  • 約3キロ:6~9リットル
  • 約3.5キロ:7~10.5リットル
  • 約4キロ:8~12リットル
  • 約5キロ:10~15リットル

梅の種類や大きさなどにより異なります。目安としてお考え下さい。

また、重石の大きさや、重石の有無により、容器内のゆとりは変わってきます。

重石を使われる場合、大きな重しを使われる場合は大きめのサイズをお選びいただくと安心してお使いいただけます。

 

 

かめ

  1. 甕が良いわけ(食品つくりに最適な容器)
  2. 甕の使いかた(ぬか漬け容器として、梅干し・お味噌の仕込みに)
  3. 甕の使いかた(食卓でのお漬物・梅干し・お塩入れ、米びつとして)
  4. 甕のお手入れ方法・注意点
  5. 甕の選び方・仕込み量めやす
  6. 【お客様の声】かめ
  7. 【よくあるご質問】かめ
  8. 【手作業でつくられる製品の特長】かめ 

 

オンラインショップ 甕の商品ページのリンクはコチラです