toggle

湯たんぽの使いかた

使い方はとっても簡単です。

多治見市 加藤さん 陶器の湯たんぽ

使い方はとっても簡単。沸かしたお湯を湯たんぽに注ぐだけです。

多治見市 加藤さん 陶器の湯たんぽ

キャップを外して、注ぎ口からお湯を注ぎます。

満杯で3リットル近く入ります。お湯の量で、保温性や重さを調整してお使いくださいね。

多治見市 加藤さん 陶器の湯たんぽ
キャップも陶器製、開け閉めする際のキュルキュルと鳴る音も可愛いです。

多治見市 加藤さん 陶器の湯たんぽ

パッキンが付いているのでです入れたお湯が漏れてくることはありませんが、キャップを上にしてお使いいただくのが安心です

多治見市 加藤さん 陶器の湯たんぽ

お湯を入れた直後、湯たんぽは熱くなるのでタオルやブランケットで包んでお使いください。

多治見市 加藤さん 陶器の湯たんぽ

手提げの袋などに入れて使えば、持ち運びも便利です。

多治見市 加藤さん 陶器の湯たんぽ

翌朝までしっかりと温かいので、身支度のお供にも。

多治見市 加藤さん 陶器の湯たんぽ

湯たんぽのお湯は手洗いのお洗濯などにご利用できますよ。

様々な場面でお使いいただけます。

その1、就寝のお供に。
「冷えて眠れない」「寝つきが悪い」という方へ。
お布団へ入れて使えば朝までぐっすり眠れます。
温かい朝と、心地の良い目覚めを実感できます

その2、足の温めに。
椅子やソファの足元、机の下などに置いて足を温めて。
湯たんぽで温めた血液が全身にながれ、末梢まで温まり「冷え」知らずの身体に。何かをしながらの温活ができます。 

その3、「冷え」の改善に。
じんわりと温めてくれるその効果は「冷え」にも効果的。
お腹や腰などの体幹部や、大きな筋肉がある太ももなどを温めるのも効果的です。

その4、電気の節約に。
こたつに入れて使ったり、毛布やブランケットとの併用で環境にも優しい暖房器具として。
季節の変わり目の暖房器具としても◎

その5、ペットの防寒に。
火や電気を使わないので、大切なペットの留守中も安心です。 省エネや節約にも。

その6、無駄にしない暮らし方。
残り湯は、洗顔やお掃除に使用してみて下さいね。

使い方・注意点

  • 使い方は他の湯たんぽ同様、蓋を開けお湯を注ぐだけです。
    蓋も陶器製。蓋を閉める際の、可愛い「音」も楽しんでくださいね。
    お湯を注いだらしっかりと蓋を閉めてくださいね。
    パッキンがついているので、お湯が漏れることなく安心して使えます。
  • 低温やけどを防ぐため、厚手の布やタオルでくるんでお使いください。
     蓋の付いているほうを上にしてお使いください。
  •  座って足元を温めて使う際は大きめの木箱や段ボールなどの中に入れて使うのがおすすめです。
  •  眠る際に使うときは体から少し離して温めてくださいね。
  • 重みのある陶器の湯たんぽです。お持ち運びの際にはお気を付け下さい。 衝撃には弱いのです。大切に接してあげてくださいね。

多治見市 加藤さん 陶器の湯たんぽ

重みのある陶器製の湯たんぽです。
だからこそ、大切に愛用できる冬の暮らしの道具。
年配の方や電気製の暖房器具が苦手な方への贈り物にも最適ですね。

  1. 「足が冷える」「冷えて眠れない」などのお悩みの方へ、お勧めしたい湯たんぽ。
  2. 陶器は湯たんぽに最も適している素材なのです。
  3. 加藤さんの湯たんぽ、違いは素材の「土」にあります。
  4. 加藤加藤さんのつくる「湯たんぽ」その歴史と想い。
  5. 湯たんぽの使いかた。
  6. お客様の声