toggle

1,「足が冷える」「冷えて眠れない」などのお悩みの方へ

「足が冷える」「冷えて眠れない」「ながら温活したい」そんなにお勧めしたい湯たんぽです

多治見市 加藤さん 陶器の湯たんぽ

手が冷える、足が冷える、冷えて眠れない、寝つきが悪い、なんだか体の調子が良くない・・・

ちょっとした不調?とも思われがちな体の冷えは、万病のもとと昔から言われています。

夏場のエアコンによる夏冷えなど、1年を通して冷えの悩みは尽きません。

「冷え」を改善するには・・・

食生活の見直しを

体を冷やす砂糖・果物の摂取は控え、根菜類などの体を温める作用のある食品を多く摂取しましょう。

食べ過ぎも「冷え」の原因に

適量のお食事を心がけましょう。

半身浴をします

ぬるめのお湯でおへそまでじっくりお湯につかりましょう。1日20分を目安に行います。

下半身を温めます

靴下を重ね履きしたりして下半身を温めましょう。

穏やかに過ごします

こころの乱れは「冷え」を呼びます。自分本位でイライラ・クヨクヨばかりしていると冷えを呼んでしまいます。日々を穏やかに過ごすことも、体にとってとても大切なことなのです。

続けやすい湯たんぽ生活です

多治見市 加藤さん 陶器の湯たんぽ

知識いらずで、ながら温活ができる湯たんぽ。

お食事の管理や半身浴、衣類や靴下の重ね着は時間や知識が必要です。

湯たんぽで足元を温めた状態は、半身浴をしているのと同じような状態。

眠るとき、座っての作業やリラックスタイムなど、何かをしているときも使うことができる湯たんぽです。

多治見市 加藤さん 陶器の湯たんぽ

用意するのはお湯だけです。

電気を使いませんので、乾燥で肌がかゆくなることがありませんし、のどを痛めることもありません。

環境に優しく、余計なエネルギーを使わずに温めたいところをきちんと温めてくれる、昔ながらの知恵が詰まった道具です。

  1. 「足が冷える」「冷えて眠れない」などのお悩みの方へ
  2. 陶器の湯たんぽが良いわけ
  3. 加藤さんの湯たんぽ、素材の「土」に違いがあります
  4. 陶器の湯たんぽの使いかた
  5. 陶器の湯たんぽの歴史と職人 加藤さんの想い
  6. お客様の声