toggle

5,甕の使いかた(食卓でのお漬物容器・梅干し入れ、お塩入れとして)

食卓でのお漬物容器・梅干し入れに

塩壷,塩甕,塩入れ,漬物,浅漬け,梅干し,梅干し容器,漬物容器,容器,甕,かめ

購入した梅干しやお漬物を入れて食卓へ。

残っても蓋をして、そのまま冷蔵庫へ入れられます。お食事の際は、冷蔵庫から取り出してそのまま食卓へ運べます。

塩壷,塩甕,塩入れ,漬物,浅漬け,梅干し,梅干し容器,漬物容器,容器,甕,かめ

1合の甕に、梅干し7個ほど入りました。

塩壷,塩甕,塩入れ,漬物,浅漬け,梅干し,梅干し容器,漬物容器,容器,甕,かめ

1合、2合の甕に、お茶っ葉、梅干し、お塩、お漬物やキムチ、お菓子を入れて。

調味料入れ、お塩入れとして

塩壷,塩甕,塩入れ,漬物,浅漬け,梅干し,梅干し容器,漬物容器,容器,甕,かめ

毎日の調理に使う調味料などを入れて。左からお塩、唐辛子、黒糖を入れています。

塩壷,塩甕,塩入れ,漬物,浅漬け,梅干し,梅干し容器,漬物容器,容器,甕,かめ

1合の甕に、お塩100グラムほど入りました。

1合の甕は口の広さ深さが丁度良く、指先をスムーズに入れられます。底の方に余ったお塩を取る際も、底まで指先が届きます。

蓋を取り、お塩を一つまみを取る。このよくあるお料理の流れ動きがとてもスムーズに行えます。

塩壷,塩甕,塩入れ,漬物,浅漬け,梅干し,梅干し容器,漬物容器,容器,甕,かめ

加藤さんの甕の素材には珪藻土が含まれています。

珪藻土とは、湿気や水分などの湿度を調整する土と言われていて、お塩をサラリと保存できます。

また、塩分に強い陶器製ですので、安心して使っていただけます。

 

片手で「蓋を取る」「お塩をつまむ」「お砂糖をすくう」の動作ができますので、お料理中に嫌なストレスがありません。

重さのある陶器素材ですので、作業台や引き出しの中など、安定した場所に置いてご使用ください。

冷蔵庫に入れられます

塩壷,塩甕,塩入れ,漬物,浅漬け,梅干し,梅干し容器,漬物容器,容器,甕,かめ

買ってきたお漬物や梅干しを甕へ詰め替えて冷蔵庫へ入れておけば、食事の時は冷蔵庫から食卓へ運ぶだけ。

食べきれなかった残ったお漬物は、そのまま冷蔵庫へ入れられます。

温かいお料理を入れても使えます。温め程度なら電子レンジも使用可能。

たくさんつくったお料理を甕に入れておけば、レンジで温めなおしてそのまま食卓へ。

密閉容器ではありません。におい漏れが気になる場合は、ラップをかぶせるなどしてご使用ください。

米びつとして

米びつ,味噌,梅干し,ぬか漬け,ぬか床,糠漬け,糠床,初心者,甕,漬物容器

大きな甕は米びつとしても。 珪藻土の調湿効果により、お米の保管にも最適です。 

沢山つくった発酵食品の保存容器に

漬物,浅漬け,梅干し,梅干し容器,漬物容器,容器,甕,かめ

一年分の梅干しやお味噌の保管に。沢山つくった梅干しなどを保管しておくのに最適です。

食品のお裾分け容器として

漬物,浅漬け,梅干し,梅干し容器,漬物容器,容器,甕,かめ

沢山つくった梅干しやお味噌、漬けあがったぬか漬けのお野菜などを小さな甕に詰めて。

お裾分けするのにもお勧めの容器です

甕のサイズ別にみる 食品の保存用途と容量めやす

  • 実際の甕の容量は表示の容量よりも少し大き目です。
  • 例:5升の容器に、5升分(9L)分の食品を詰めても甕の口までぎりぎり一杯ということはなく、ほどよくゆとりがあります。
  • 保存するものによっては発酵が進み、かさが増える場合がります。めやすとしてお考え下さい。

 

  1. 甕が良いわけ(食品つくりに最適な容器)
  2. 加藤さんのつくる甕が良いわけ
  3. 職人 加藤さんの想い
  4. 甕の使いかた(ぬか漬け容器として、梅干し・お味噌の仕込みに)
  5. 甕の使いかた(食卓でのお漬物容器・梅干し入れ、お塩入れとして)
  6. 甕の特徴・お手入れ方法
  7. 甕の大きさ

 

オンラインショップ 甕の商品ページのリンクはコチラです