toggle

杉浦さんだけが、黒七輪を作り続けます。

たった一人杉浦さんだけが、黒七輪を作り続けます。

創業大正5年。日本に一軒だけ、「黒七輪」を継承し続ける杉浦さんの製作工房。


七輪をつくり続けて半世紀がたち、「黒七輪」を製作する工房は、いつのまにか一軒だけに。現代の日本で黒七輪を作っておられるのは杉浦さんただ一人となりました。

それでも杉浦さんは、七輪をつくり続けます。

他の七輪にはない、黒七輪独特の重厚感あるたたずまいと存在感。見た目の美しさと、丈夫であるという機能性を兼ね備えた長く使える暮らしの道具です。
七輪を囲む温かいひととき、その美味しさと・楽しさ・心地よさ。
世代を超える交流の道具として、杉浦さんは黒七輪をつくり続けます。

杉浦さんの手仕事1

杉浦さんの手仕事2

杉浦さんの手仕事3


  1. 七輪のつくる美味しさのわけ。
  2. 杉浦さんのつくる黒七輪。
  3. 杉浦さんだけが、黒七輪を作り続けます。
  4. 七輪の使いかた。
  5. 七輪の場面。