toggle
2018-05-24

梅の量で選ぶ甕の大きさ

こんにちは。
えんける道具店です。

漬物容器,甕,かめ,味噌,梅干し,梅,梅仕事

梅干しつくりに最適な容器、甕。加藤さんの甕、サイズ選びは下記をご参考下さい。

梅の量で選ぶ、加藤さんの甕(かめ)のサイズ

  • 梅 約0.9~1.3キロ:1.5升
  • 梅 約1.2~1.8キロ:2升
  • 梅 約1.8~2.7キロ:3升
  • 梅 約3~4.5キロ:5升

重石を使う場合の目安としていますが、重石が大きい場合などは一つ大きめのサイズの使用がおすすめです。また、梅の種類や大きさなどにより異なります。目安としてお考え下さい。

漬ける梅に対して、2~3倍くらいの容器が使いやすいです。(梅2キロなら4リットルの容器)

漬け始めは梅の量が多く容器がきつめでも、梅酢が上がってくると梅の体積はだいぶ減り、梅がしぼんだような状態になります。

 

漬けあがった梅干しを保存するだけの場合は、小さなサイズの甕をお選びください。

 

梅干し容器に甕が良いわけ、加藤さんのつくる甕の良さ

 

出来上がった梅干しの保存用におすすめの甕

出来上がった梅干しの保存用には、小さな卓上で使えるサイズの甕もおすすめです。

匂い漏れや匂い移りする心配がなく、保存が出来ます。

食べる分だけを小さな甕へ入れて、お食事の時には食卓へ、食べ終わったら蓋をして保存しておけます。

冷蔵庫へも入れられる陶器製の容器です。

 

梅干しつくりの甕、商品ページのリンクはコチラ

関連記事

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA