toggle
2018-06-13

今年も梅仕事はじめました。加藤さんの甕でつくる梅干し作り【仕込み】

こんにちは。
えんける道具店の中村です。

梅干し,梅,梅仕事,甕,かめ,容器

今年も梅仕事を始めました。

加藤さんの甕を使って梅干しを仕込んでみました。


材料

  • 完熟梅 1キロ
  • 塩(粗塩) 180~200グラム
  • もみ紫蘇 200~300グラム

梅干し,梅,梅仕事,甕,かめ,容器

梅干しには黄色く熟した柔らかい梅を使います。

青梅の場合は、ザルにのせ新聞紙をかぶせて涼しい場所に3日程度置いておくと黄色く熟してきます。


道具

  • 保存容器(甕2升)
  • 重石
  • ビニール袋
  • 布巾
  • 竹串(爪楊枝)
  • ザル
  • アルコール(焼酎)、キッチンペーパーなど

準備

保存容器に使う甕は、熱湯を回しかけるなどして消毒をしてから使います。

梅干し,梅,梅仕事,甕,かめ,容器

梅干し,梅,梅仕事,甕,かめ,容器

沸騰したお湯を口まで注ぎしばらく置いておきます。

梅干し,梅,梅仕事,甕,かめ,容器

蓋も大きなボウルなどに入れ、沸騰したお湯につけておきました。

冷めたらお湯を捨て、自然乾燥させます。

梅干し,梅,梅仕事,甕,かめ,容器

さらに口の周りをアルコールを含ませたキッチンペーパーで拭いておきました。


作り方

梅干し,梅,梅仕事,甕,かめ,容器

1、竹串や爪楊枝を使い、梅のヘタをひとつひとつ丁寧に取り除きます。

2、冷たい水で梅を丁寧に洗います。

梅干し,梅,梅仕事,甕,かめ,容器

3、洗った梅を、きれいな布巾でやさしく拭きます。

梅干し,梅,梅仕事,甕,かめ,容器

水気が残るとカビの原因になるため、しっかり乾燥させました。

梅干し,梅,梅仕事,甕,かめ,容器
4、容器の底に塩を入れ梅を並べていきます。

梅干し,梅,梅仕事,甕,かめ,容器

さらに塩を振り入れます。

梅干し,梅,梅仕事,甕,かめ,容器

2回ほど繰り返し、一番上にも塩を振り入れます。

梅干し,梅,梅仕事,甕,かめ,容器

5.梅の重さの倍くらいの重い石を乗せます。

重石はビニール袋に入れ、梅に触れる袋の表面をアルコールでふき取り消毒を行いました。

梅干し,梅,梅仕事,甕,かめ,容器

6、ふたをして、梅酢が上がってくるのを待ちます。

空気に触れることがカビの原因になるため、甕ごとビニール袋に入れてみました。

1週間ほどで梅酢が上がってくるので、梅が梅酢に使ったらもみ紫蘇を入れ、さらに漬け込んでいく予定です。

関連記事

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA