toggle
2019-10-05

とこなめ焼の急須で淹れるお茶の美味しさの秘密

こんにちは。えんける道具店です。

常滑焼の急須は、急須の素材として最適な常滑の陶土と、古くから続く高い技術とが合わさった、毎日のお茶を気軽に味わうための急須です。

常滑焼,急須,常滑,茶葉入れ,コーヒー豆,保存

常滑焼の急須で淹れるお茶が美味しいわけ

常滑焼,急須,常滑,茶葉入れ,コーヒー豆,保存

「茶漉し不要、セラメッシュの急須」

金属の茶漉しを使わなくてもお茶を入れられる設計になっており、急須の中へ茶葉を入れてお湯を注ぐだけで、美味しいお茶を最後の一滴まで淹れられる急須です。

セラメッシュといわれるとても繊細な陶製の茶こし部分が、本体と一体になっています。

金属製の茶漉しとは違い、急須の中で茶葉がまんべんなく綺麗に開くことで、美味しいお茶の成分を余すことなく抽出できます。

セラメッシュを通って注がれるお茶は、急須内の茶葉に残った最後の一滴までを注ぎきることができます。

余計な金属臭や味の雑味が生まれないのでお茶本来の美味しさを味わえます。

また、金属性の茶漉しを使ったときの、茶漉しに茶葉が詰まる煩わしさもありません。

茶漉しに詰まった茶葉を洗い落とすような、ストレスのない急須です。

常滑焼,急須,常滑,茶葉入れ,コーヒー豆,保存

「しっかりとお茶を蒸らす、蓋すり技術による気密性の高さ」

蓋すりとは、蓋と本体をすり合わせて密着させる工程のことで、常滑焼の急須づくりの技術のひとつ。

蓋すりを行うことで、急須内の気密性が上がり、十分に茶葉を蒸らすことで美味しいお茶が出来上がります。

蓋と本体との間に細かいやすりの粉を付け、回転させることで高い密着度が生まれます。

常滑焼,急須,常滑,茶葉入れ,コーヒー豆,保存

「お茶の味がまろやかになる、急須に最適な常滑の陶土」

常滑の陶土に含まれる鉄分は、お茶のタンニンと反応し、渋みを和らげまろやかなお茶にしてくれます。

また、釉薬を塗りつくられる他県の急須と違い、常滑の急須は釉薬を塗らずに焼き締まりすぎないよう、焼成します。多孔質な性質を待つ焼き物なので、お茶の中の余分な不純物を吸着してくれ、美味しいお茶に仕上がります。

 

誰でも美味しいお茶が淹れられる常滑焼の急須です。

急須に適した陶土と、急須づくりの高い技術とが合わさって出来上がる、常滑焼の急須。

女性でも男性でも、誰でも簡単に美味しいお茶が淹れられる、日々の暮らしになじんでくれる、お茶の道具です。

 
オンラインショップはコチラ

関連記事

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA