toggle
2017-10-31

陶器の湯たんぽと過ごす夜。

こんにちは。
えんける道具店 中村です。

空模様がきれいに映る、好きな季節です。
陶器の湯たんぽ使い始めました。

やかんで沸かしたお湯を入れて用意しています。

たっぷり3リットル近く入ります。六角形のキャップは開け閉めもしやすいです。


お湯を入れてすぐ、陶器はあつあつになります。マグカップに温かい飲み物を入れたときの、陶器の感じです。

タオルでくるんで湯たんぽを手提げ袋へ入れています。袋に入れることで、タオルもずれません。このくらい覆って触ると、ちょうど良い温かさ。

そのままお布団の中へ入れています。

眠る前に、足をのせるのが気持ち良いです。お布団やブランケットをかけて使用することで、湯たんぽの保温性が保たれます。

電機や熱を使わないので、乾燥しません。とにかくカラダに優しい。環境にも優しい。湯たんぽから生まれる温かい蒸気が、体の内側まで届くじんわりとした温かさです。

陶器の湯たんぽは、体の内側まで届く温かさがあります。プラスチック製や金属製の湯たんぽでは味わえない、陶器独特の安心感のある温かさです。

一日の終わりに陶器の湯たんぽで体を温めることで、一日が満たされるような、ココロがほころんでくるような、なんだか幸せな気持ちに。

 

関連記事

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA