toggle
2017-04-04

甕のつくる美味しさと、「桜のおむすび弁当」。

こんにちは。

えんける道具店です。

お弁当を持ってお花見に出かけてみてはいかがでしょうか。本日のお昼ご飯は「桜のおむすび弁当」。おにぎりには桜の塩漬けをのせて春らしく。定番の卵焼きと唐揚げ、お漬物、隙間にほうれん草の和え物を詰めます。

お漬物は加藤さんの甕で漬けた、きゅうりのぬか漬け。パリパリとした食感で、揚げ物などのあとに食べると、口のなかもさっぱりします。暖かくなるこれからの季節、「お弁当にお漬物」おすすめですよ。

加藤さんの甕、可愛らしい丸みある形にも美味しさの秘密があるのです。この丸みが「味の対流」をつくります。丸みのない容器でお漬物を漬けた場合、塩分や旨味が下へと沈み、容器の下へたまってしまいます。加藤さんの甕は、その丸みにより旨味や塩分が沈んだままになることなく、きちんと全体にまわるのです。ムラなく美味しく漬かる加藤さんの甕なのです。

 

関連記事

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA