toggle
2017-03-21

春はあけぼの。

こんにちは。

えんける道具店です。

 

明け方の雨音で目覚める一日、いかがお過ごしでしょうか?

 

昨日3月20日は、春分の日。

「自然をたたえ、生物を慈しむ日。」とされています。

 

春分の日に関わる行事としては、春分の日の前後7日間を「春のお彼岸」といい、お墓参りに行く風習が今でも残っています。

ご先祖様への感謝とともに、新しい季節の始まりを健やかな気分で過ごしたいものですね。

 

お彼岸に欠かせない、ぼた餅。

ご先祖様へ捧げることにより、自分自身の功徳を積むことへ繋がるとされてきました。

その昔は自分たちで食べるものではなかったのだそうですが、現代ではお供えしたあとご先祖様への感謝の気持ちとともに、皆で美味しくいただきます。

 

 

ちなみに「ぼたもち」は牡丹の季節、春のお彼岸に召し上がるもの。

「おはぎ」は萩の季節、秋のお彼岸にいただくものの事、だそうです。

 

「暑さ寒さも彼岸まで。」と言われるように、春の彼岸は農作業の始まる時期、秋の彼岸は収穫の時期にあたります。

これから一日一日と、暖かくなる日がやってくるのでしょうか。

 

 

春休みも始まり、町が活気づいています。

東京では全国で最も早い桜の開花発表もありましたね。

一年ぶり、いよいよ花開く桜たちを心待ちにしたいと思います。

 

そして、暖かい日々の訪れとともに皆様のお越しを常滑やきもの散歩道にてお待ちしております。

 

関連記事

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA